Home > 歯科医の在宅医療

歯科医の在宅医療

高齢化社会になることが予測されていることもあり、これからの時代、歯科医は在宅医療についても真剣に考える必要があります。歯科医院には通常、患者さんが通うものとなっていますが、今後は足腰の弱っている高齢者が増えてしまう可能性が高いため、歯科医が各家庭を訪問しないといけなくなるかもしれません。その際、治療に必要な機器を持ち運びできるようにすることも大事です。

歯科医の在宅医療は、現在も一部では行われています。施設などに入居しているお年寄りのために訪問して治療をするのです。取りまとめて一度に行うことができるので、効率的でもあります。それに、定期的に治療に歯科医が来てくれるので、施設入居者たちにとっても助かります。

一般家庭を一軒一軒、訪問するとなると手間がかかりますが、施設なら取りまとめて治療ができるという点では歯科医にとっても助かるかもしれません。いずれにしても、今後は歯科医の在宅医療問題が進展してくることが期待できます。