Home > 患者の笑顔で歯科医のやりがいを感得

患者の笑顔で歯科医のやりがいを感得

歯科医になるためには歯科大学に6年間通い、国家資格に合格しなければなれません。合格した後でも、頭の中では歯のことが分かっても、実際人間相手に相手に気分よく治療してもらったり、なるべく上手に医療行為をできるように日々努力する必要があります。

医療技術も日々進化しているため、新しい技術を取得するために、試験を受けたり、学会に出たり、勉強会に出たり、他の歯医者さんと交流することでやりがいを高めていくことができます。

大抵の人は虫歯が痛くなると歯医者さんへ行きますが、そのときに健康保険を持って保険の範囲内で治療をしようとします。しかし日本以外に目を向ければ、なにも虫歯で治療する場合、健康保険のルールの範囲で治療をしなくてもいいのです。

たとえばよりきれいに美しく治療できる腕があれば、患者さんに自費治療で白い歯を提案して、実際に銀歯よりも白い歯のほうが違和感がないし、きれいなので喜んでもらえる可能性があります。患者さんが虫歯の痛みから解放され、白い歯を入れて喜んでもらえた時、歯科医としてやりがいを感じるし、今後そのきれいな歯の状態を維持するためにクリーニングやお手入れの仕方を提案して一生のつきあいが始まるかもしれません。自分を主治医といてもらえることが、歯科医として最高のやりがいです。