Home > 信用できない歯科医の特徴

信用できない歯科医の特徴

信用できる歯科医師とそうでない人にはある大きな特徴があるということがわかりました。

もっとも私の信用となる基準は院長だけですから、たった一人の医師を基準に据えるのはどうかとも思いますが、この特徴は誰もがわかることだけに、もしもこういう医師だったら医療機関を変える目安にするとよいと思います。

それは、歯に不具合を感じて受診した場合、高い治療費が必要な処置ばかり勧めてきたり、すぐにあちこち治さなければならないといったことを言ったり、全部治さないと大変なことになりますよ、などといった恐怖感を覚えさせるような言動をしてくるということです。

歯科医というのは自分で自分の歯を治すことができないことから、意外と自分は虫歯を抱えている人が多くて、うちの院長もそうです。

けれども患者さんに対しては真摯に向き合っているため、必要のない治療は絶対にしませんし、治療方法にしても保険診療と保険外診療の二つの選択肢を常に提示しています。

それが信用できる歯科医と言えると思います。