Home > 歯科医の忙しさ

歯科医の忙しさ

歯科医というのは細かい作業がずっと続く仕事です。

ただし、だいたいの歯科医は歯に関する治療作業のほとんどが好きなので、細かい作業が苦にならない上に、その作業に没頭してしまいがちになるということがあるのではないでしょうか。

歯科医である院長の忙しさは自ら招いているようなところがあります。

治療内容に細部まで完璧を求め過ぎることや、ある程度の時間で治療を終え、続きはまた次回という具合にしてくれればよいものを、一度にやってしまおうとするので一人の患者にかかる時間が長くなり、待合室には多くの順番待ちの患者があふれかえる、という状況がちょくちょくおこります。

そのため、どんどん診察していかなくてはならなくなり、結果的に忙しい状況になってしまうため、いつもペース配分が下手だな、と思ってしまいます。

けれども専門家である歯科医師の判断はわからないところですから、その忙しさもやむを得ないのかもしれません。