Home > 歯科医と口腔外科の違い

歯科医と口腔外科の違い

虫歯などになった時、治療してくれるのが、私達の身近にある歯科医院です。しかし中には一般的な街の歯科医院では治療できず、口腔外科で治療をした事のある方も、いるのではないでしょうか。

一般的に歯科医は歯の治療を行い、口腔外科では外科的な治療を行うと言われています。例えば親不知を抜く時、歯茎から見えている歯の場合、歯科医がいる街の歯科医院で抜歯する事ができます。

しかし親不知の中には、顎の骨に埋まっているものがあり、その場合抜歯をする為に、顎の骨を削る手術が必要になってくるのです。この場合、街の歯科医院では手術に時間がかかってしまう為、通常は行いません。また顎の骨の部分には多くの神経が集まっており、この神経を切断してしまうと、麻痺が残ってしまう場合があるので、CT撮影など詳しい検査が必要です。

このような検査も口腔外科では行っているのが、特長です。一派的な歯科医院と口腔外科の違いは、大きく分けて外科的な手術を行うか、行わないかで分ける事ができるでしょう。